古語:

一筋なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひと-すぢ・なり 【一筋なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


一様だ。平凡だ。


出典源氏物語 梅枝


「古き跡は定まれるやうにはあれど、…ひとすぢに通ひてなむありける」


[訳] 古人の筆跡は(筆法が)きまっていたようではあるけれども、…(筆法は)一様に似通っていたのだなあ。


いちずだ。ひたむきだ。


出典源氏物語 夕霧


「この御服(ぶく)の程は、ひとすぢに思ひ乱るる事なくてだに過ぐさむ」


[訳] この(御息所(みやすどころ)の)ご喪中の間は、(ほかのことで)いちずに思い悩むことなくて(供養して)過ごそう。








一筋なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一筋なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一筋なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS