古語:

一節の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひと-ふし 【一節】

名詞

一つの、ある点。他と異なって目立つ点。何か一つ。


出典徒然草 一四


「このごろの歌は、ひとふしをかしく言ひかなへたりと見ゆるはあれど」


[訳] このごろの和歌は、何か一つ趣深くうまく表現しているとみえるものはあるが。


一つの出来事。一件。


出典源氏物語 夕顔


「ただはかなきひとふしに御心とまりて」


[訳] ほんのちょっとした一つの出来事に(源氏の)お心がとまって。


音楽・舞踊の、一区切り。また、一曲。









一節のページへのリンク
「一節」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一節のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS