古語:

事も無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと-も-な・し 【事も無し】

分類連語


何事もない。平穏無事だ。


出典万葉集 五五九


「こともなく生き来(こ)しものを」


[訳] 何事もなく生きてきたのに。


難点がない。ちょっと好ましい。


出典伊勢物語 五八


「となりなりける宮ばらにこともなき女どもの」


[訳] 隣に住んでいる宮様がたに、難点のない女たちが(いたが)。


(事をするのに)たやすい。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「まして竜(たつ)を捕らへたらましかば、またこともなく我は害せられなまし」


[訳] ましてもし竜を捕らえていたなら、またたやすく私はきっと殺されてしまっただろう。◆「事無し」の強調表現。








事も無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

事も無しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




事も無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS