古語:

亢竜の悔いの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 亢竜の悔いの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かうりょう-の-くい 【亢竜の悔い】

分類連語


物事は頂点に達すれば、必ず衰えるものだというたとえ。


出典太平記 四


「今君武臣のために囚(とら)はれてかうりょうのくいに合はせ給(たま)ひけれども」


[訳] 今あなたさまは武臣のために捕らえられて物事は頂点に達すれば、必ず衰えるものだという目にお遭いになっていらっしゃいますが。


参考

天高く昇りつめた竜は、降りるしかないという『易経』の語による。









亢竜の悔いのページへのリンク
「亢竜の悔い」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

亢竜の悔いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




亢竜の悔いのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS