古語:

交じらふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まじら・ふ 【交じらふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


まじり合う。


出典枕草子 花の木ならぬは


「楠(くす)の木は、木立(こだち)多かる所にも殊にまじらひ立てらず」


[訳] くすの木は、木立の多い所でも格別他の木にまじり合って立っていることもなく。


仲間に加わる。交際する。


宮仕えする。


出典源氏物語 桐壺


「かたじけなき御心ばへの、たぐひなきを頼みにてまじらひ給(たま)ふ」


[訳] もったいない(桐壺(きりつぼ)帝の)ご愛情が、比べるものがないほど強いのを頼りにして(更衣は)宮仕えしなさる。








交じらふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

交じらふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




交じらふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS