古語:

交じるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まじ・る 【交じる・雑じる・混じる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


入りまじる。まざる。


出典万葉集 八四九


「残りたる雪にまじれる梅の花」


[訳] 消え残っている雪にまざって(咲いて)いる梅の花よ。


(山野などに)分け入る。入り込む。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「野山にまじりて竹を取りつつ」


[訳] 野山に分け入って竹を採取しては。


仲間に入る。つきあう。交わる。宮仕えする。


出典源氏物語 少女


「静かなる所にこもり侍(はべ)りにし後、ともかくも人にまじる折なければ」


[訳] 静かな所に引きこもりました後は、とにかく人と交わる機会がないので。


〔多く否定の表現を伴って〕じゃまをされる。


出典更級日記 物語


「源氏を、一の巻よりして、人もまじらず」


[訳] 源氏物語を一の巻から読み始めて、だれにもじゃまされず。









交じるのページへのリンク
「交じる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

交じるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




交じるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS