古語:

交ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

か・ふ 【交ふ】

[一]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


(互いに)さし交わす。入れ違わせる。


出典万葉集 一九五


「しきたへの(=枕詞(まくらことば))袖(そで)かへし君」


[訳] (かつて)袖をさし交わした君。


[二]補助動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


〔動詞の連用形に付いて〕互い違いに…する。交差して…する。「行きかふ」「吹きかふ」「散りかふ」「飛びかふ」



まじ・ふ 【交ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


交ぜる。混合させる。まぜ合わせる。


出典万葉集 一九三九


「五月(さつき)の玉にまじへて貫(ぬ)かむ」


[訳] 五月の薬玉(くすだま)に交ぜて一緒に貫きとどめよう。


交差させる。まじえる。


出典将門記 


「刃(やきば)をまじへて合戦(かふせん)す」


[訳] 刃をまじえて合戦する。



ちが・ふ 【違ふ・交ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


行きかう。交錯する。


出典枕草子 春はあけぼの


「闇(やみ)もなほ蛍の多く飛びちがひたる」


[訳] 月の出ていない夜もやはり、蛍がたくさん飛び行きかっている(のがおもしろい)。


行き違いになる。遭(あ)わないようにする。


出典平家物語 八・室山


「木曾(きそ)にちがはんと、…播磨(はりま)の国へ下る」


[訳] (行家は)木曾義仲(よしなか)に遭わないようにしようと、…播磨の国(兵庫県)へ下る。


外れる。それる。


相違する。食い違う。背く。


出典曾我物語 四


「母や師匠の御心にちがはん事、いかがすべきなれども」


[訳] 母や師の御心に背くことはどうすればよいかと思うが。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


交差させる。


出典徒然草 二〇八


「紐(ひも)を結(ゆ)ふに、上下(かみしも)よりたすきにちがへて」


[訳] 紐を結ぶのに、上下からたすき掛けに交差させて。


悪夢を吉夢に変える。夢違(たが)えをする。


出典蜻蛉日記 上


「しばしば夢のさとしありければ、ちがふるわざもがなとて」


[訳] しばしば夢のおつげがあったので、夢違えをする方法があったらなあと思って。


相違させる。変える。


出典平家物語 三・法印問答


「理運左右(さう)に及ばぬことを、ひきちがへさせ給(たま)ふは」


[訳] 道理にかなって異議がないことを変えなさるのは。


間違える。


参考

類義の語に「たがふ」がある。「たがふ」が、自分や相手の予想・意向と食い違う意であるのに対して、「ちがふ」は、具体的な動作が互いに交差したり行き違ったりする意が本義。なお、「ちがふ」は、古くは「…ちがふ」の形の複合動詞として用いられることが多い。









交ふのページへのリンク
「交ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

交ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




交ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS