古語:

盗むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬす・む 【盗む】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


盗む。妻にするために、親の許しなしに女を連れ出すことにもいう。


出典伊勢物語 一二


「人の娘をぬすみて」


[訳] 人の娘を妻にするために連れ出して。


ひそかに…する。忍んでする。


出典徒然草 二一九


「かやうに間々(まま)に皆一律(いちりつ)をぬすめるに」


[訳] このように(横笛は、穴の)間ごとにすべて一律(の音階)を忍ばせているのに。


無断でまねて学ぶ。こっそりと学び取る。


出典方丈記 


「岡(をか)の屋(や)に行き交ふ舟をながめて、満沙弥(まんしやみ)が風情をぬすみ」


[訳] 岡の屋(=船着き場)に行き来する船をながめて、沙弥満誓(しやみまんぜい)(=奈良時代の歌人)の風流な趣をまねて学び。









盗むのページへのリンク
「盗む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

盗むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




盗むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS