古語:

盛りなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さかり・なり 【盛りなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


最盛期だ。勢いが盛んである。


出典万葉集 八二〇


「梅の花今さかりなり思ふどちかざしに挿してな今さかりなり」


[訳] 梅の花は今が最盛期だ。気の合ったもの同士でその花をかざしにしよう。梅の花は今が最盛期だ。


盛んな年ごろだ。力がみなぎっている。


出典源氏物語 浮舟


「御かたち、このごろ、いみじくさかりに清げなり」


[訳] (匂宮(におうのみや)の)ご容姿は、このごろは一段と盛んな年ごろで美しいようすである。








盛りなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

盛りなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




盛りなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS