古語:

先先の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さき-ざき 【先先】

名詞

以前。まえまえ。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「さきざきも申さむと思ひしかども」


[訳] 以前にもお話し申し上げようと思っていたが。


将来。あとあと。


注意

現代語としてもの両義がある。古語のの場合は、過去の助動詞「き」「けり」などがあるかどうかで判断する。



まづ-まづ 【先先】

副詞

まっさきに。何はともあれ。ともかくも。


出典栄花物語 花山尋ぬる中納言


「ただ『まづまづ弘徽殿(こきでん)に』とのみのたまはすれば」


[訳] (帝は)ただ「何はともあれ弘徽殿の女御(にようご)に(くだものを)」とのみおっしゃるので。








先先のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

先先のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




先先のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS