古語:

南総里見八犬伝の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 南総里見八犬伝の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

南総里見八犬伝

分類書名


読本(よみほん)。滝沢(曲亭)馬琴(たきざわばきん)作。江戸時代後期(一八一四~一八四二)刊。九輯(しゆう)百六冊。〔内容〕『里見軍談』などを資料に『水滸伝(すいこでん)』などに構想をかりた長編小説。室町時代の末、南総(千葉県)の里見家の再興をはかる八犬士の活躍を、徹底した娯楽主義と儒教的な勧善懲悪(ちようあく)のテーマでつづっている。









南総里見八犬伝のページへのリンク
「南総里見八犬伝」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

南総里見八犬伝のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




南総里見八犬伝のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS