古語:

噎ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むせ・ぶ 【噎ぶ・咽ぶ】

自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


むせる。(胸などに)つかえる。


出典方丈記 


「或(ある)いは煙(けぶり)にむせびて倒れ伏し」


[訳] あるいは煙にむせて倒れ伏し。


声をつまらせながら激しく泣く。むせび泣く。


出典万葉集 四三九八


「涙をのごひむせひつつ語らひすれば」


[訳] 涙をふきむせび泣きながら話しかけるので。


むせび泣くような音・声を立てる。


出典徒然草 三〇


「嵐(あらし)にむせびし松も、千年(ちとせ)を待たで」


[訳] 嵐にむせび泣くように鳴った松も、千年とたたないうちに。


流れなどが、つかえる。滞る。


出典源氏物語 朝顔


「遣(や)り水もいといたくむせびて」


[訳] 遣り水もたいそうひどく流れがつかえて。◆古くは「むせふ」。








噎ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

噎ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




噎ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS