古語:

国学の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

国学

分類文芸


江戸時代中期に盛んになった、古典研究の学問。『古事記』『日本書紀』『万葉集』などの古典を研究して、仏教・儒教などの外来思想に影響される以前の、日本固有の思想・精神を明らかにすることを目ざした。契沖(けいちゆう)に始まり、「国学の四大人(したいじん)」といわれる荷田春満(かだのあずままろ)・賀茂真淵(かものまぶち)・本居宣長(もとおりのりなが)・平田篤胤(あつたね)らが発展させた。








国学のページへのリンク
「国学」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

国学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




国学のページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS