古語:

地獄の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぢ-ごく 【地獄】

名詞

「六道(ろくだう)」の一つ。生前に悪事をはたらいた者が、死後に落ちてさまざまの罰を受ける所。地獄道。◆仏教語。[反対語] 極楽(ごくらく)(浄土(じやうど))。


参考

地下深い所にあると考えられ、閻魔大王(えんまだいおう)が死者の生前の悪事を裁き、鬼たちが罪人にさまざまの罰を与えるという。ふつう、八大(はちだい)地獄(=「八熱(はちねつ)地獄」とも。等活・黒縄(こくじよう)・衆合(しゆごう)・叫喚(きようかん)・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間(むけん)の八種の極熱の地獄)をいうが、ほかに八寒(はつかん)地獄もある。









地獄のページへのリンク
「地獄」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

地獄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




地獄のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS