古語:

塞き止むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せき-とど・む 【塞き止む・堰き止む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


水の流れや物事の進行をさえぎりとめる。さえぎりおさえる。


出典古今集 恋三


「たぎつ瀬の(=枕詞(まくらことば))はやき心を何しかも人目つつみのせきとどむらむ」


[訳] 激しくはやる恋の思いを、どうして堤が水の流れをせき止めるように人目という障害がさえぎるのだろう。



せき-と・む 【塞き止む・堰き止む】

他動詞マ行下二段活用

「せきとどむ」に同じ。








塞き止むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

塞き止むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




塞き止むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS