古語:

塞ぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふた・ぐ 【塞ぐ】

[一]他動詞ガ行四段活用

活用{が/ぎ/ぐ/ぐ/げ/げ}


覆う。ふたをする。遮る。ふさぐ。


出典枕草子 頭の中将の


「声などする折は、袖(そで)をふたぎてつゆ見おこせず」


[訳] (私の)声などがするときには、(頭の中将は)袖で(顔を)ふさいで少しも(私を)見ないで。


「韻塞(ゐんふた)ぎ」をする。


出典源氏物語 賢木


「ふたぎもてゆくままに、難き韻の文字どもいと多くて」


[訳] しだいに「韻塞ぎ」をしていくうちに、むずかしい韻の文字などがたいそう多く(残っ)て。


[二]他動詞ガ行下二段活用

活用{げ/げ/ぐ/ぐる/ぐれ/げよ}


いっぱいにする。占領する。


出典源氏物語 松風


「寝殿(しんでん)はふたげ給(たま)はず」


[訳] 寝殿は(仕切りなどで)いっぱいになさらず(あけておいて)。


妨げる。遮る。


出典源氏物語 蜻蛉


「今まうでのぼりける道にふたげられて」


[訳] たった今参上した通路を(薫(かおる)に)遮られて。








塞ぐのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

塞ぐのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




塞ぐのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS