古語:

奉らせ給ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 奉らせ給ふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たてまつら-せ-たま・ふ 【奉らせ給ふ】

分類連語


(一)

〔「奉る」が動詞の場合〕


〔「す」が尊敬の意の場合〕お差し上げあそばす。


出典源氏物語 少女


「色々の花・紅葉をこきまぜてこなたにたてまつらせたまへり」


[訳] 色々の花や紅葉を取りまぜて、こちらにお差し上げあそばした。


〔「す」が使役の意の場合〕差し上げさせなさる。


出典源氏物語 梅枝


「みづからの御料(れう)の直衣(なほし)の御よそひ一くだり、…御車にたてまつらせたまふ」


[訳] (源氏は)自分のお召し物の直衣の御装束ひとそろいを、…(使いに命じて)御車に差し上げさせなさる。


(二)

〔「奉る」が補助動詞の場合。動詞の連用形に付いて〕お…申し上げあそばす。


出典源氏物語 薄雲


「院に別れたてまつらせたまひにし程は」


[訳] (帝(みかど)が)院にお別れ申し上げあそばしたときは。


(三)

〔「奉らす」が連語(一)の場合〕


差し上げなさる。お差し上げになる。


出典枕草子 中納言まゐり給ひて


「中納言参り給(たま)ひて、御扇たてまつらせたまふに」


[訳] 中納言が参上なさって、(中宮に)御扇をお差し上げになるときに。


〔動詞の連用形に付いて〕お…申し上げなさる。▽「たてまつらす」は補助動詞的に用いられる。


出典源氏物語 若菜上


「六条院も少し御心地よろしくと聞きたてまつらせたまひて」


[訳] 六条院も(朱雀(すざく)院が)少し御容体がよいとお聞き申し上げなさって。


語法

「たてまつらせたまふ」は、謙譲語と尊敬語とを含んでいて、二人の人を同時に敬う表現(いわゆる二方面の敬語)である。動作を受ける人への敬意は上部の「たてまつる」や「たてまつらす」で表し、動作の主への敬意は下部の「せたまふ」や「たまふ」で表す。


注意

(1)「たてまつらせたまふ」の構造を数式的に表せば、(一)(二)は「たてまつら+(せ+たまふ)」となり、(一)(三)は「(たてまつら+せ)+たまふ」となる。これらの構造を理解しておくと、語義はわかりやすくなる。(2)(一)(三)とは同じような意味だが、最高敬語の形を含む前者の方が後者より敬意が強い。


なりたち

(一)は謙譲の動詞「たてまつる」の未然形+使役・尊敬の助動詞「す」の連用形+尊敬の補助動詞「たまふ」。(二)は謙譲の補助動詞「たてまつる」の未然形+尊敬の助動詞「す」の連用形+尊敬の補助動詞「たまふ」。(三)は連語「たてまつらす(一)」の連用形+尊敬の補助動詞「たまふ」








奉らせ給ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

奉らせ給ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




奉らせ給ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS