古語:

女房文学の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

女房文学

分類文芸


平安時代、宮中や貴族の家に仕えた「女房」によって平がなで書かれた、文学性の豊かな作品。日記・随筆・物語などがある。ほかの時代に比べて女性の文学活動がきわだって盛んだったのは平安時代中期で、代表的作者に清少納言(せいしようなごん)・紫式部・和泉式部(いずみしきぶ)・赤染衛門(あかぞめえもん)などがいる。








女房文学のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女房文学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




女房文学のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS