古語:

女房の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にょう-ばう 【女房】

名詞

宮中や院の御所、天皇や后(きさき)に仕え、一室(=局(つぼね))を与えられていた女官。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「よき人の御前(おまへ)ににょうばういとあまたさぶらふに」


[訳] りっぱな方の御前に、女房がとてもたくさんそばにお仕えしているときに。


貴族の家や武家に仕える女性。


出典枕草子 正月一日は


「家の御達(ごたち)・にょうばうなどのうかがふを、打たれじと用意して」


[訳] 家の年功を積んだ女房や若い女房などが、(腰を打つ機会を)ねらうのを、打たれまいと用心して。


妻。


出典諸国ばなし 浮世・西鶴


「にょうばうの兄、半井清庵(なからゐせいあん)と申して、神田の明神(みやうじん)の横町に、薬師(くすし)あり」


[訳] 妻の兄に半井清庵といいまして、神田明神の横町に、医者(をやっているの)がいる。


女性。婦人。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「きれいなるにょうばうをつかふことがすきぢゃ」


[訳] (ご主人は)きれいな女性を使うのが好きだ。



にょうぼう 【女房】

⇒にょうばう









女房のページへのリンク
「女房」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女房のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




女房のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS