古語:

学ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まな・ぶ 【学ぶ】

他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


他動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


まねる。教えられたとおりにする。


出典徒然草 八五


「いつはりても賢をまなばんを賢といふべし」


[訳] それらしくよそおうのであっても賢人の行いをまねる人を賢者といってよい。


学問をする。勉強する。


出典徒然草 一三〇


「道をまなぶとならば、善にほこらず」


[訳] 道を勉強するつもりなら、自分の善行を自慢しないで。


参考

古くは上二段活用で、中古の中ごろから四段活用に変わった。しかし、上二段活用は、漢文訓読のときに用いられている。



まね・ぶ 【学ぶ】

他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


まねる。まねて言う。


出典枕草子 鳥は


「人の言ふらむことをまねぶらむよ」


[訳] (おうむは)人が言うようなことをまねるとかいうことだよ。


そのまま伝える。


出典源氏物語 葵


「かの御車(みくるま)の所争ひ、まねび聞こゆる人ありければ」


[訳] 例のお車の場所取り争いをそのまま伝え申し上げる人がいたので。


勉強する。教えてもらって身につける。


出典源氏物語 少女


「文才(もんざい)をまねぶにも、琴・笛の調べにも、功(く)足らず」


[訳] 漢学を勉強するにも、琴・笛の音色にも、長年の努力が十分でなく。◆「ぶ」は接尾語。









学ぶのページへのリンク
「学ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

学ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




学ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS