古語:

安楽庵策伝の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 安楽庵策伝の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

安楽庵策伝

分類人名


(一五五四~一六四二)江戸時代前期の噺本(はなしぼん)作者。京都の誓願寺(せいがんじ)竹林院の住職で、境内に茶室安楽庵を作った。貴人・文人との交友が広く、和歌・狂歌に長じ、話術の名人で、咄家(はなしか)の祖といわれる。噺本『醒睡笑(せいすいしよう)』の著者。









安楽庵策伝のページへのリンク
「安楽庵策伝」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

安楽庵策伝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




安楽庵策伝のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS