古語:

宿禰の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すく-ね 【宿禰】

名詞

上代、貴人を親しみ尊んで、その名に添える尊敬語。


出典古事記 允恭


「大前(おほまへ)小前(をまへ)すくね」


[訳] 大前小前の宿禰。


「八色(やくさ)の姓(かばね)」の第三位で、「真人(まひと)」「朝臣(あそみ)」に次ぐ姓。◆「すくなえ(少兄)」の変化した語。









宿禰のページへのリンク
「宿禰」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宿禰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




宿禰のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS