古語:

屈ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くん-・ず 【屈ず】

自動詞サ行変格活用

{語幹〈くん〉}気がめいる。心がふさぐ。ふさぎ込む。


出典更級日記 太井川


「面影に覚えて悲しければ、月の興も覚えず、くんじ臥(ふ)しぬ」


[訳] (別れてきた乳母の)面影が思い浮かんで悲しいので、月の興趣も感じられなくて、ふさぎ込んで横になった。


参考

「屈(くつ)す」と同じ語源。その促音「つ」の表記が固定していなかった時期、「屈す」は「くんす」と表記した。その「くんす」を文字どおりに読み、さらにサ変動詞の語尾「す」がその「ん」の影響で濁音になった。








屈ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

屈ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




屈ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS