古語:

山下水の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やました-みづ 【山下水】

名詞

山のふもとを流れる水。山かげを流れる水。


出典古今集 恋一


「あしひきの(=枕詞(まくらことば))やましたみづの木隠(こがく)れてたぎつ心をせきぞかねつる」


[訳] 山かげの水が木の陰に隠れてわき立っているように、私も(人知れず)激しく思っていた心を抑えられなかったよ。


参考

「…やましたみづの」は序詞(じよことば)。歌では、山下水が、音はするが茂みに隠れるなどして流れが見えないということから、表に現せない、せつない恋心にたとえることが多い。








山下水のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

山下水のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




山下水のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS