古語:

屹度の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きっ-と 【屹度・急度】

副詞

すばやく。さっと。


出典平家物語 七・経正都落


「かかる怱劇(そうげき)の中にも、その御名残きっと思ひ出(い)でて」


[訳] このような慌ただしいさ中にも、お別れを申そうとさっと思い出して。


厳しく。きりっと。


出典平家物語 七・願書


「木曾(きそ)は羽丹生(はにふ)に陣取って、四方をきっと見回せば」


[訳] 木曾義仲は羽丹生に陣取って、四方をきりっと見回すと。


必ず。間違いなく。


出典平家物語 二・西光被斬


「きっと立ち寄り給(たま)へ」


[訳] 必ず立ち寄りください。◆「きと」の促音便。鎌倉時代以後の語。









屹度のページへのリンク
「屹度」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

屹度のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




屹度のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS