古語:

山鳥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やま-どり 【山鳥】

名詞

野鳥の名。きじに似ている。


出典拾遺集 恋三


「あしひきのやまどりの尾のしだり尾の長々し夜(よ)をひとりかも寝む」


[訳] ⇒あしひきのやまどりのをの…。


参考

やまどりは昼は雌雄が一緒にいるが、夜は峰を隔てて別々に寝るという言い伝えから「独り寝」することにいい、また、雄の尾羽の長いところから「長い」こと、特に「夜が長い」ことの形容に用いる。









山鳥のページへのリンク
「山鳥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

山鳥のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




山鳥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS