古語:

島の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しま 【島】

名詞

周りを水で囲まれた陸地。


(水上にいて眺めた)水辺の土地。


出典万葉集 三二三二


「しま伝ひ見れども飽かずみ吉野の滝もとどろに落つる白波」


[訳] 水辺の土地を伝い見ても見飽きない吉野の滝が音をたてて落ちる白いしぶきよ。


庭の泉水の中にある築山(つきやま)。また、泉水・築山のある庭園。◇「山斎」とも書く。


遊廓。色町。▽周囲から隔てられた特定の地域の意から。◇近世語。









島のページへのリンク
「島」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

島のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




島のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS