古語:

峙つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そば-だ・つ 【峙つ・敧つ・欹つ】

[一]自動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


高くそびえ立つ。


出典奥の細道 松島


「そばだつものは天をゆびさし」


[訳] (島々は)高くそびえ立つものは天に向かい。


かどが立つ。とげとげしくなる。


出典妹背山 浄瑠


「詞(ことば)にそばだつ親と親」


[訳] 言葉にかどが立つ親と親。◆「そばたつ」とも。


[二]他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


高くそびえ立たせる。


出典平家物語 九・樋口被討罰


「深き所には大船(たいせん)どもをそばだてて」


[訳] (海の)深い所には大船を(帆も)高々とならべ立たせて。


斜めに傾ける。


出典宇治拾遺 五・四


「西坂より山へのぼるときは、身をそばだてて歩(あゆ)む」


[訳] 西の方角の坂から山へ登るときは、身体を斜めに傾けて歩く。


〔「耳をそばだつ」の形で〕聞き耳を立てる。耳を澄ます。


出典保元物語 中


「耳をそばだて、涙を流す」


[訳] 聞き耳を立て、涙を流す。◆「そばたつ」とも。








峙つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

峙つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




峙つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS