古語:

弓矢八幡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆみや-はちまん 【弓矢八幡】

[一]名詞

戦(いくさ)の神である八幡神。また、八幡大菩薩(だいぼさつ)。武士が信仰し、自分の言行について誓うときに唱える。その場合、下に「照覧あれ」などの語を伴う。


出典調伏曾我 謡曲


「ゆみやはちまん・箱根の権現(ごんげん)も照覧あれ」


[訳] 戦の神である八幡神・箱根権現もご覧ください。


[二]副詞

誓って。神かけて。▽その事が真実であると誓ったり、強調したりするときにいう語。


出典入間川 狂言


「ゆみやはちまん、成敗(せいばい)いたす」


[訳] 誓って処罰いたします。


[三]感動詞

しまった。残念無念。▽失敗を悟ったときなどに発する語。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「ゆみやはちまん、大事は今、七左(しちざ)様のがさじ」


[訳] しまった、大事なのは今だ、七左様をのがすまい。








弓矢八幡のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

弓矢八幡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




弓矢八幡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS