古語:

弥猛しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-だけ・し 【弥猛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


おおげさである。仰々しい。


出典源氏物語 行幸


「御心にはいとも思(おぼ)さぬ事をだにおのづからよだけく、いかめしくなるを」


[訳] お心の中ではそれほどともお思いにならない事さえ、自然に仰々しく、いかめしくなるのを。


めんどうくさい。おっくうである。


出典源氏物語 行幸


「隠(こも)り侍(はべ)れば、よろづ初々しうよだけうなりにて侍り」


[訳] 家にこもっていますので、何事も慣れない感じでおっくうになってしまいました。◇「よだけう」はウ音便。








弥猛しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

弥猛しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




弥猛しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS