古語:

損ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ-・ず 【損ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


そこなう。こわす。そんずる。▽他の動詞に付けて用いることが多い。


出典宇津保物語 国譲下


「すずろに仕うまつりそじたりや」


[訳] 不本意にも(歌を)よみそこないましたよ。◆「そんず」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



そん-・ず 【損ず】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


いたむ。こわれる。


出典徒然草 八二


「羅(うすもの)の表紙は、とくそんずるがわびしき」


[訳] 薄い織物を張った(書物の)表紙は、すぐにいたむのが困りものだ。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


こわす。だめにする。


出典徒然草 八一


「そんぜざらんためとて、品(しな)なく見にくきさまにしなし」


[訳] こわさないためにといって、下品にみっともないように作りあげ。


し損なう。しくじる。


出典平家物語 一一・那須与一


「射そんじ候ひなば」


[訳] (扇の的を)射そこないましたならば。








損ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

損ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




損ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS