古語:

構へての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かまへ-て 【構へて】

副詞

慎重に。気をつけて。


出典平家物語 二・大納言流罪


「かまへてよくよく宮仕へ、御心に違(たが)ふな」


[訳] 気をつけて念を入れて宮仕えし、(成親卿(なりちかきよう)の)お心に背くな。


〔禁止表現を伴って〕決して。


出典宇治拾遺 三・二〇


「かやうのものをば、かまへて調(てう)ずまじきものなり」


[訳] このようなもの(=きつね)を、決してこらしめてはいけないのである。


〔意志・命令の表現を伴って〕きっと。必ず。なんとかして。


出典今昔物語集 二五・一二


「この馬を見て、極めて欲しく思ひければ、『かまへて盗まむ』と思ひて」


[訳] この馬を見てたいへん欲しく思ったので「なんとかして盗もう」と思って。









構へてのページへのリンク
「構へて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

構へてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




構へてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS