古語:

次次の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つぎ-つぎ 【次次・継ぎ継ぎ】

[一]名詞

(地位・身分などが)その次に位置すること。それより下。


出典源氏物語 若菜下


「随身(ずいじん)、小舎人童(こどねりわらは)、つぎつぎの舎人などまで」


[訳] 随身、小舎人童、それより下の舎人などまで。


子孫。


出典源氏物語 橋姫


「いよいよかの御つぎつぎになり果てぬる世にて」


[訳] いよいよあのかたの御子孫の代にすっかりなってしまった世の中なので。


[二]副詞

順々に。次から次へと。


出典枕草子 なほめでたきこと


「つぎつぎ出(い)づるに、足踏みを拍子(はうし)に合はせて」


[訳] 次から次へと出るのに、足踏みを拍子に合わせて。


注意

現代語の「次々」には、[一]の意味はない。



すぎ-すぎ(に) 【次次(に)】

副詞

順ぐり(に)。つぎつぎ(に)。


出典源氏物語 若菜上


「紅梅にやあらむ、濃き、薄き、すぎすぎにあまた重なりたる」


[訳] 紅梅襲(がさね)であろうか、濃い色薄い色が、次々にたくさん重なっている。








次次のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

次次のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




次次のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS