古語:

次第の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し-だい 【次第】

名詞

順序。順。


出典源氏物語 鈴虫


「人々の御車、しだいのままに引きなほし」


[訳] 人々の御車を(身分の)順のとおりに並べなおし。


なりゆき。経過。いきさつ。事情。


出典宇治拾遺 一・三


「事のしだいをこまかに問ひければ、教へつ」


[訳] 事のなりゆきを細かく尋ねるので、教えた。


能楽で、七五調三句より成る、謡曲の構成要素の一つ。シテ・ワキ・ツレの登場第一声として謡う短い詞章。概要や自分の境遇などを述べる。



-しだい 【次第】

接尾語

〔名詞や動詞の連用形に付いて〕…しだい。…まま。▽そのなりゆきに任せる意を表す。「崩れしだい」。


〔動詞の連用形に付いて〕…するとすぐに。…しだい。▽その物事が終わるやいなやの意を表す。「見付けしだい」









次第のページへのリンク
「次第」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

次第のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




次第のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS