古語:

式の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しき 【式】

名詞

一定のやり方。とりきめ。作法。


出典千載集 序


「やまとうたのしきを作れりける」


[訳] 和歌の作法を作ってしまった。


律令および格(きやく)の施行細則。


事情。次第。


出典増鏡 北野の雪


「そのほどのしき、言はずともおしはかるべし」


[訳] そのときの事情は、言わなくても推察できる。


「式神(しきがみ)」の略。









式のページへのリンク
「式」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




式のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS