古語:

歌枕の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うた-まくら 【歌枕】

名詞

歌に詠み込む言葉や地名を集めた書物。


歌にしばしば詠み込まれている名所。⇒歌枕


分類文芸



歌枕

分類文芸


古くから繰り返し和歌に詠み込まれて、特定のイメージ・情緒を持つようになった名所。たとえば、カラフルな紅葉(もみじ)をイメージさせる「竜田川(たつたがは)」、わび住まいの哀愁を連想させる「須磨(すま)」など。固定化したイメージ・情緒を利用して、和歌に余情をもたらす修辞法として用いられた。ほとんどは平安時代から始まったが、歌人たちが各地を実際に訪れて詠むことはまれで、歌の中に描き出された情景や情緒の多くは、作者と読者が一体となって脳裏に浮かべた観念上の世界であった。









歌枕のページへのリンク
「歌枕」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

歌枕のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




歌枕のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS