古語:

歌合あわせの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 歌合あわせの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

歌合あわせ

分類文芸


平安・鎌倉時代、宮廷や貴族の間で行われた、和歌の優劣を競う文学的遊戯。左右二組みに分かれた歌人が、多くはあらかじめ決められた題で歌を詠み、左右の一首ずつを組み合わせた一組み(=一番)ごとに、判者(はんじや)(=審判役の歌人)が歌の優劣を判定して左右の勝敗を競うもの。判者の判定は勝・負・持(じ)(=引き分け)で示され、判定の理由を述べた判詞(はんし)が付けられる。◆歴史的かなづかいは「うたあはせ」。








歌合あわせのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

歌合あわせのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




歌合あわせのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS