古語:

歌舞伎十八番の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 歌舞伎十八番の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

歌舞伎十八番

分類文芸


歌舞伎の市川家が家の芸とする十八種の演目。七代目の市川団十郎が整理・指定した。ほとんどが荒事(あらごと)である。『不破(ふわ)』『鳴神(なるかみ)』『暫(しばらく)』『不動』『嫐(うわなり)』『象引(ぞうひき)』『勧進帳(かんじんちよう)』『助六(すけろく)』『押戻(おしもどし)』『外郎売(ういろううり)』『矢の根』『関羽(かんう)』『景清(かげきよ)』『七つ面』『毛抜(けぬき)』『解脱(げだつ)』『蛇柳(じややなぎ)』『鎌髭(かまひげ)』の十八種をいう。








歌舞伎十八番のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

歌舞伎十八番のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




歌舞伎十八番のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS