古語:

気憎しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-にく・し 【気憎し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


小憎らしい。憎々しい。


出典枕草子 いみじう心づきなきもの


「いかばかり心せばく、けにくきならむとぞおぼゆる」


[訳] どんなにか思慮が浅く、憎々しい人なのかと思われる。


そっけない。愛想がない。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「さやはけにくく、仰せ言を映えなうもてなすべき」


[訳] (どうして)そのようにそっけなく、(中宮様の)お言葉を仰せつけばえがなく取り扱って、いいものだろうか。


気づまりだ。けむたい。


出典枕草子 宮仕へ人の里なども


「せうとの家なども、けにくきはさぞあらむ」


[訳] 兄の家などでも、気づまりな間柄ではそのよう(=気がねする)であろう。◆「け」は接頭語。








気憎しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

気憎しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




気憎しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS