古語:

浅すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・す 【浅す・褪す】

自動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


(海・川・池などが)浅くなる。干上がる。


出典金槐集 雑


「山は裂け海はあせなむ世なりとも君に二心(ふたごころ)わがあらめやも」


[訳] たとえ、山は裂け、海は干上がってしまうような異常な世であっても、上皇様に背く心が(私に)ありましょうか、いや、ありません。


(色が)さめる。あせる。


出典源氏物語 桐壺


「結びつる心も深き元結ひに濃き紫の色しあせずば」


[訳] 末長い縁を深く結びこめた元結にゆかりの濃い紫の色があせなければ、(うれしいことだ)。


(勢いが)衰える。


出典徒然草 二五


「いかならん世にも、かばかりあせ果てんとは思(おぼ)してんや」


[訳] どのような時代においても、これほど衰え果ててしまうとはお思いになったであろうか、いや、お思いにならなかっただろう。









浅すのページへのリンク
「浅す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

浅すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




浅すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS