古語:

浅しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あさ・し 【浅し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


浅い。▽深さや距離があまりない。また、時間がたっていない。


出典山家集 中


「春あさき篠(すず)の籬(まがき)に風さえてまだ雪消えぬ信楽(しがらき)の里」


[訳] 春が浅く、篠(しの)竹の垣根に風が冷たく冴(さ)えて、まだ雪が消えない信楽の里よ。


情が薄い。考えが浅い。いいかげんだ。


出典発心集 六


「あさからぬ所望はべるを」


[訳] いいかげんでない望みがございますのを。


平凡だ。情趣が少ない。


出典源氏物語 若紫


「これはいとあさく侍(はべ)り」


[訳] この景色はたいそう平凡でございます。


(色や香りが)薄い。


出典大和物語 六一


「藤(ふぢ)の花色のあさくも見ゆるかな」


[訳] 藤の花よ、花の色が薄く見えるなあ(=ご寵愛(ちようあい)が薄れたことよ)。


低い。▽身分や家柄についていう。


出典源氏物語 梅枝


「位あさく、何となき身の程」


[訳] 位が低く、なんということもない身分のほど。









浅しのページへのリンク
「浅し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

浅しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




浅しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS