古語:

流離ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さすら・ふ 【流離ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


放浪する。さまよう。落ちぶれる。


出典源氏物語 総角


「心の外(ほか)に、あるまじきさまにさすらふ類(たぐひ)だにこそ多く侍(はべ)るめれ」


[訳] 思いどおりにならず、とんでもない状態で放浪する人も多いようです。


[二]自動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


[一]に同じ。


出典奥の細道 出発まで


「漂泊(へうはく)の思ひやまず、海浜にさすらへ」


[訳] 居所を定めずにさまよいたいという気持ちが抑えられず、海辺をさまよい歩き。








流離ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

流離ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




流離ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS