古語:

渋げなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しぶ-げ・なり 【渋げなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


気乗りしない感じだ。


出典源氏物語 藤袴


「この宮仕(みやづかへ)をしぶげにこそ思ひたまへれ」


[訳] この宮仕えを気乗りしない感じにお思いになっている。


なめらかでない。色つやがない。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「髪もさがりば清げにはあれど、けづりつくろはねばにや、しぶげに見ゆるを」


[訳] 髪も、額髪の先端などきれいではあるが、櫛(くし)でとかして整えないからであろうか、色つやがなくばさばさに見えるが。◆「げ」は接尾語。








渋げなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

渋げなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




渋げなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS