古語:

温しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぬる・し 【温し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


ぬるい。なまあたたかい。


出典枕草子 春はあけぼの


「昼になりて、ぬるくゆるびもていけば」


[訳] 昼になって、だんだんなまあたたかく、(寒さが)やわらいでいくと。


ゆるやかである。


出典日本書紀 神代上


「下(しも)つ瀬はこれ太(はなは)だぬるし」


[訳] 下流はこれは(流れが)たいへんゆるやかである。


鈍い。のろい。おっとりしている。


出典源氏物語 若菜下


「心のいとぬるきぞくやしきや」


[訳] (自分の)心がたいそう鈍かったのが残念なことよ。


熱心でない。情が薄い。冷淡である。


出典源氏物語 若菜上


「うちうちの御心ざしぬるきやうにはありけれ」


[訳] 内々での(源氏の)御愛情が冷淡なようであった。








温しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

温しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




温しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS