古語:

湛ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たた・ふ 【湛ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


満ちてふくれる。いっぱいになる。


出典大鏡 時平


「海ならずたたへる水の底までに清き心は月ぞ照らさむ」


[訳] 海どころでなく、もっといっぱいになっている水の底まで清い私の心は月が照らすだろう。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


(水を)たたえる。


出典奥の細道 松島


「東南より海を入れて、江(え)の中(うち)三里、浙江(せつかう)の潮(うしほ)をたたふ」


[訳] 東南から海が入りこんで、入り江の中三里にわたって、中国の浙江を思わせる潮をたたえる。








湛ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

湛ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




湛ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS