古語:

真秀なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-ほ・なり 【真秀なり・真面なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


完全だ。十分に整っている。


出典源氏物語 賢木


「かうやうなる折の、まほならぬ事、数々書きつくる」


[訳] このような(酔った)ときの、十分に整ってはいない歌を、いくつも書きつける。[反対語] 片(かた)ほなり。


まともだ。直接だ。


出典源氏物語 初音


「いとほしと思(おぼ)せば、まほにも向かひ給(たま)はず」


[訳] 気の毒にお思いになるので、まともに向かいあうことはなさらない。◆「ま」は接頭語。「ほ」は他よりもぬき出ている意。








真秀なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

真秀なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




真秀なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS