古語:

空なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くう・なり 【空なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


それ自体には絶対的な実体がない。


出典平家物語 一一・大臣殿被斬


「善も悪もくうなりと観ずるが」


[訳] 善も悪も、それ自体には絶対的な実体がないと真理を悟ることが。◆仏教語。



そら・なり 【空なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


心がうつろだ。上の空だ。


出典古今集 恋五


「秋風は身を分けてしも吹かなくに人の心のそらになるらむ」


[訳] 秋風は人の体を中に分けいって吹くわけではないのに、あの人はどうして心がうつろになって冷たくなっているのだろう。


いい加減だ。あてにならない。


出典源氏物語 帚木


「『それ、しかあらじ』と、そらに、いかがは推し量り思ひくたさむ」


[訳] 「それは、そうではあるまい」と、いい加減に、どうして当て推量で軽べつするのであろうか。


〔連用形「そらに」の形で〕物を見ないで。暗記していて。そらんじていて。


出典更級日記 かどで


「わが思ふままに、そらにいかでか覚え語らむ」


[訳] 自分の思うとおりに、(姉たちは物語を)そらんじていてどうして思い出して話せようか、(いや、話せない)。








空なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

空なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




空なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS