古語:

草の縁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くさ-の-ゆかり 【草の縁】

分類連語


ある一つの因縁によって、それにつながる別のものにも情愛を感じること。何らかの縁でつながるもの。紫の縁(ゆかり)。


出典蜻蛉日記 下


「霜枯れのくさのゆかりぞあはれなる」


[訳] 霜枯れ草のように老いぼれた私の身、その縁でいろいろいわれたあなたをお気の毒に思います。


参考

「紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る」(『古今和歌集』)〈⇒むらさきのひともとゆゑに…。〉による語。








草の縁のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

草の縁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




草の縁のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS