古語:

荘園の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さう-ゑん 【荘園・庄園】

名詞

「しゃうゑん」に同じ。



しゃう-ゑん 【荘園・庄園】

名詞

奈良時代から室町時代にかけて、貴族・権勢家・社寺などが私有した土地。「さうゑん」「さう」とも。


参考

奈良時代、貴族・社寺の開墾による私有地(=墾田(こんでん))として発生し、平安時代に入り、次第に課税免除や検田使不介入の権利を得るようになった。平安時代中期以後、地方豪族が所領を中央の権勢家に名義上寄進して、その保護を受けて直接経営を行い、領主は本所・領家(りようけ)となって一定の年貢を受ける形の荘園が生まれた。









荘園のページへのリンク
「荘園」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

荘園のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




荘園のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS