古語:

蜻蛉返りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とんばう-がへり 【蜻蛉返り】

名詞

刀のさばき方の一つ。身軽に向きを変えて後方を切ること。


出典平家物語 四・橋合戦


「蜘蛛手(くもで)・角縄(かくなは)・十文字、とんばうがへり・水車(みづぐるま)、八方すかさず斬きったりけり」


[訳] 蜘蛛手・角縄・十文字、とんぼ返り・水車などの刀さばきで、八方すき間なく斬りまくったのだった。


とんぼ返り。


参考

空を飛ぶ蜻蛉(とんぼ)が急に身をひるがえす動作に似ることから。の用例は、軍記物語の乱戦の場面によく用いられる描写。








蜻蛉返りのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

蜻蛉返りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




蜻蛉返りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS